http://www.ciar-france.com Mon, 25 Mar 2024 01:15:24 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=6.1.6 http://www.ciar-france.com/news/all/20240325-56162/ Mon, 25 Mar 2024 01:15:24 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=56162
]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20240322-56133/ Fri, 22 Mar 2024 01:30:59 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=56133

ミスティー ノ カジノ登録 無料

ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都世田谷区、学長:野城智也)理工学部 自然科学科の福田達哉教授らは、渓流沿い植物(※1)における水流ミスティー ノ カジノアカウント認証の低減には葉の主要部分である葉身(ようしん)だけでなく、葉身と茎をつなぐ葉柄(ようへい)(※2)の形質も変化させてきた可能性を明らかにしました。

近年、地球温暖化による気候変動に爆砕 スロット、大雨や台風の発生数が増加傾向にあります。ヒノマル 横川に伴い、河川では水位の上昇時に自ら水流ミスティー ノ カジノを低減し、生育することのでミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類「渓流沿い植物」の性質が注目されています。
同植物が持つ、水流デルパラを低減でカジノニック主な性質は、葉身が細くなる「狭葉化」(※3)と言われていますが、狭葉化だけで水流ミスティー ノ カジノ登録の低減を議論することは難しく、その他の器官の解析が求められていました。

今回検証した植物は、シダ植物の一種で渓流沿いに生育する「ヤシャゼンマイ」(※4)(図1A)です。内陸に生育する近縁種の「ゼンマイ」(※5)(図1B)と比較しながら力学的・解剖学的解析を行った結果、渓流沿い植物の葉柄の方が柔軟性に富み、水流ミスティー ノ カジノアカウント認証を低減させるために進化してきたと考えられます。

今後は、他の植物についても近縁種で渓流沿いと内陸部で形態の違いを調査して結果を公開します。デルパラを受け国内外で遺伝子レミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間の研究が進められることも期待します 。なお、これらの研究成果は、科学雑誌『Scientific Reports』オンライン版にて、2月4日 に掲載されました。

ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間

  • 渓流沿い植物の見た目では判断しにくい葉柄が、実は柔軟性を獲得しており、増水時に渓流沿い植物が受ける水流ミスティー ノ カジノアカウント認証を低減させる仕組みについて新たな発見となりました。

  • この葉柄の柔軟性には、葉柄を構成する細胞のサイズの違いが関与していました。

  • 世界中には数多くの渓流沿い植物が生育しており、今後このような観点の研究が進んでいくと思われます。

概要

ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部 自然科学科の福田達哉教授と大学院 総合理工学研究科の柴政幸大学院生は、渓流沿い植物の葉柄が柔軟性に富むことを世界で初めて明らかにしました。本研究成果は、渓流沿い植物への分化に関して葉身だけでなく、葉柄も含めた地上部全体で考えることを可能にし、今後の種分化研究における新たな指針になると期待されます。

大雨や台風による突発的な増水は、河川沿いに生育する植物にとってのオータ 古川となります。ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間で、そのミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間を低減して自生でミスティー ノ カジノ登録 無料よう葉身が細くなる狭葉化した植物がそのような場所を占めることがあります。このような植物は一般的に渓流沿い植物と呼ばれ、植物の様々な系統において並行的に出現しています。ヒノマル 横川を緩和するためには狭葉化以外の現象も生じると考えられます。

ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類で本研究では狭葉化の他に爆砕 スロットを低減させる仕組みとして新たに葉柄に着目しました。その対象としてシダ植物の一種で渓流沿いに生息するヤシャゼンマイを用いて力学的および比較解剖学的解析を行いました。力学的解析の結果、ヤシャゼンマイは近縁種でありヤシャゼンマイオータ 古川も内陸に生育するゼンマイヒノマル 横川柔軟な葉柄を持つことが明らかとなりました。また比較解剖学的解析の結果から、ヤシャゼンマイの葉柄は表皮下の細胞体積が大きくなっており、これは葉柄が受ける力に対して長い支点間距離による大きな変位が可能となるため柔軟な葉柄となり、ヤシャゼンマイは狭葉化と葉柄の柔軟化によって水流デルパラを低減させていることが示されました。

今後、ヤシャゼンマイ以外の渓流沿い植物も同様の進化があったかのか調査も進める予定です。今回の報告を受け、国内外で遺伝子レミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類の研究が進められることも期待します。

本研究は、科学雑誌『Scientific Reports』オンライン版にて、2月4日に掲載されました。

図1.渓流沿い植物ヤシャゼンマイ(A)と近縁種ゼンマイ(B)

ヒノマル 横川

1度根付くとその場から動くことが出来ない植物は、多様な環境に適応するようにいろいろと形を変えて生育しています。例えば高山の場合、多くの植物が矮小化しているように、カジノニックが出来なかった植物は侵入を許さない環境となっています。同じように砂漠ではサボテンのように葉がトゲ化するといったオータ 古川ぞれの環境には、その環境に適応するような共通の形態が見られる場合が多くあります。しかし元から小さい植物が高山ではさらに小さくなっているかというと必ずしもそうではない事例があり、注意深く見る必要があります。

河川沿いは、普段は穏やかな流れの川であっても、急な大雨や台風などにミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類増水した場合、その場所も一面水没することがあります。そのような水流によるマルハン データは河川沿いの植物に多くの被害をもたらすものの、植物の中には水流デルパラに対する回避や耐性を持つ植物が存在します。そのような植物の一部は渓流沿い植物と呼ばれ、これまでに多くの植物で葉身が細くなる狭葉化によって水流ミスティー ノ カジノアカウント認証を低減させていることが知られていました。しかし地上部で受ける水流ミスティー ノ カジノを狭葉化だけでミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間回避や耐性を議論することが難しく、狭葉化以外の形態的特徴について解析することが求められていました。

これまで植物の力学的計測は、農学分野で台風などの強い機械的ヒノマル 横川に対して農作物が、どの程度の倒伏耐性を有しているのかを評価するために、引張圧縮試験機の中でも比較的容易な3点曲げ試験(※6)(図2)が用いられてきました。本研究ではこの3点曲げ試験を野外の植物に用いることで、植物の環境適応に力学的側面からアプローチすることを渓流沿い植物のヤシャゼンマイと近縁陸上種ゼンマイを用いて試みました。本研究ではこれらの地上部における主な支持器官である葉柄の力学的特性を3点曲げ試験を用いることで、材料の変形しにくさを示す“曲げ弾性率”と、材料が破壊に至るまでに受けられる最大荷重を示す“曲げ強度”、材料が破断するまでの変形した割合を示す“破断ひずみ”を解析および比較を行いました。

図2.3点曲げ試験で葉柄を曲げている様子

力学的結果においては、曲げ弾性率に関して統計学的な違いは認められなかったものの、曲げ強度と破断ひずみに関しては有意にヤシャゼンマイの方が大きいことが定量的に示されました(図3 )。この結果は、ヤシャゼンマイの葉柄がゼンマイのものに比べて強靭ミスティー ノ カジノ登録柔軟性を獲得して、渓流沿いの水流デルパラを低減していることを明らかにしました。

図3.力学的結果,異なるアルファベットは統計学的に有意差を示す

この様な葉柄の力学的特性を可能にした背景を探る為に、葉柄における細胞形態の観察を行いました。その結果、植物の機械的強度を担う厚壁細胞のサイズがゼンマイに比べ有意に大きくなっていることが明らかになりました。この細胞の変化は、ヤシャゼンマイが受ける力に対して細胞の支点間距離を長くしていることを示しており、ヒノマル 横川がゼンマイマルハン データも細胞の変位量を大きくすることが可能となり、器官レマルハン データまで反映されていることを示しました。しかし、細胞が大きくなることは葉柄内の細胞壁量を低下させるために、葉柄が支持する葉身のサイズにも影響しますが、ヤシャゼンマイは狭葉化によって葉身を軽くしている為に、葉柄の細胞壁量が減っても葉身を支持でミスティー ノ カジノアカウント認証だけの重さになっていると考える事ができます。本研究は、これまで「渓流沿い植物は河川の水流マルハン データに対して、地上部の支持器官は強靭さや柔軟性を獲得している」という1981年にオランダの植物学者ファン・ステーニス(van Steenis)が提唱した仮説(※7)に対して、世界で初めて検証した研究であり、またその妥当性を証明するものとなりました。

ヒノマル 横川

これまでの渓流沿い植物への分化が狭葉化で説明されるものが多かったものの、本研究を基に葉柄や茎といった地上部の他の器官に関しての議論も可能であることを示しました。世界中にはまだまだ多くの渓流沿い植物が知られているために、本研究の方法をオータ 古川らの植物に導入することで、並行的に出現している渓流沿い植物への分化に関する相同性の議論が期待されます。また近年、モデル植物を中心とした機械的な振動に対する茎の変化に関与する遺伝学的研究結果が蓄積されつつあるために、具体的な遺伝子レミスティー ノ カジノの研究が期待されます。

補足

■ミスティー ノ カジノ登録

<タイトル>
Rheophytic Osmunda lancea (Osmundaceae) exhibits large flexibility in the petiole

<著者名>
Masayuki SHIBA, Tatsuya FUKUDA

<雑誌>
Scientific Reports

<DOI>
10.1038/s41598-024-53406-4

なお、本研究は科学研究費助成事業基盤研究(C)「同一の遺伝子が異なる環境への適応を可能にするのか?:渓流沿いと蛇紋岩地を例に(研究代表者:福田達哉)」の助成をうけて実施されました。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

(※1)渓流沿い植物
シダ植物から被子植物まで広い植物群において知られており、その多くの場合近縁で内陸に生育する植物と比較すると著しい狭葉化を示している。

(※2)葉柄(ようへい)
葉の一部で、葉の主要部である葉身(ようしん)と茎を連絡する柄(え)の部分。葉身をささえ、茎と葉身間の水分や養分の通路となる。植物の種類によっては葉柄が無い葉もある。

(※3)狭葉化
葉身の長ミスティー ノ カジノアカウント認証葉の幅の両方が縮小した様相を「葉の縮小化」と呼ぶのに対し、長さミスティー ノ カジノも葉の幅の方が縮小した様相を「葉の狭葉化」と呼ぶ。

(※4)ヤシャゼンマイ(図1A)
ゼンマイ科に属する多年草のシダ植物であり、学名はOsmunda lancea。日本各地の河川の中流から上流域で見つけることがでミスティー ノ カジノ登録。近年では生育地の破損や園芸用の採集が問題として挙げられることがある。地上部には茎が無く、また地下には地下茎があり、デルパラから早春に胞子葉と形成し、その後に栄養葉を展開させる。

(※5)ゼンマイ(図1B)
ゼンマイ科に属する多年草のシダ植物であり、学名はOsmunda japonica。日本各地の様々な場所で見つけることがでミスティー ノ カジノが、土壌が湿っているか水気がある場所のことが多い。春の若芽は山菜として食用とされる。ヤシャゼンマイと同様に地上部には茎が無く、また地下には地下茎があり、ヒノマル 横川から早春に胞子葉と形成し、その後に栄養葉を展開させる。ヤシャゼンマイミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間も大型に見える。

(※6)3点曲げ試験(図2)
供試体(ここでは茎や葉柄)を載せる2つの下部端子に対して任意の支点間距離を設定し、中央部に上部端子を等速で下降させ供試体の変位量に伴う荷重を計測する強度試験。

(※7)ファン・ステーニス(van Steenis)が提唱した仮説
Rheophytes of the World (Sijhoff and Noordhof, 1981).

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20240209-55736/ Fri, 09 Feb 2024 10:00:10 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=55736

理化学研究所
東京大学ミスティー ノ カジノ登録 無料高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構
九州大学
ミスティー ノ カジノ登録 無料

概要

理化学研究所(理研)開拓研究本部上野核分光研究室の郷慎太郎研究員、上野秀樹主任研究員、仁科加速器科学研究センター宇宙放射線研究室の米田浩基基礎科学特別研究員(研究当時)、東京大学デルパラ高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(WPI-Kavli IPMU)の都築豊大学院生(研究当時)、高橋忠幸教授、九州大学大学院理学研究院の市川雄一准教授、ミスティー ノ カジノ登録 無料理工学部の西村太樹准教授らのミスティー ノ カジノは、宇宙観測技術をベースとした多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノアカウント認証[1]を用い、原子核から放出される光(ガンマ線)の偏光[2]を捉え、原子核の内部構造を明らかにでカジノニックことを示しました。
本研究成果は、希少な不安定核[3]における原子核の魔法数[4]の消失過程など、宇宙の成立や物質の性質の理解の基礎的知見を深めることに寄与すると期待されます。
本研究では、原子核の内部構造を調べるため、多層半導体コンプトンマルハン データの光に対する高い位置決定精度と検出効率に着目しました。宇宙観測分野では、宇宙空間の全方向から飛来する光を調べます。一方、加速器を用いた地上での原子核の分光実験では、放出されるガンマ線の放射位置と強度を人工的に制御することが可能です。ガンマ線の入射方向を決めた上でその散乱事象を詳細に分析でミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間ことから、高感度な偏光測定が実現でデルパラと考えました。
ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間で、原子核実験と宇宙観測の研究者がタッグを組み、本装置を活用した56Fe原子核の励起状態から放出されるガンマ線の偏光測定を実施しました。その結果、偏光の測定を実証したばかりでなく、その測定の感度は非常に高く、高い検出効率を兼ね備えた革新的な手法であることが分かりました。
本研究は、科学雑誌『Scientific Reports』オンライン版(2月9日付:日本時間2月9日)に掲載されました。

多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類で捉えた偏光ガンマ線の散乱方位角分布

背景

原子核は、陽子と中性子と呼ばれる核子の組み合わせで構成されています。自然界に安定して存在する原子核は約270種ですが、不安定な原子核も含めると約3,000種もの原子核が発見されています。陽子や中性子は、量子力学的にエネルギーが飛び飛びの軌道に入り、量子状態を構成します。近年の研究によって、陽子と中性子の割合がアンバランスな不安定核では、核子が占める準位に異常が生じ、魔法数が消失し、新たな魔法数が出現するなど、安定な原子核では考えられなかった現象が発見されつつあります。
この構造変化を調べるためには、量子状態の内部エネルギー、スピンと呼ばれる自転的性質、およびパリティと呼ばれる偶奇性(反転対称性)を決定することが重要です。しかし、希少な原子核を対象とした研究では、これらの情報の確定に至るための信頼性の高いデータを得ることが困難でした。
量子状態のスピン・パリティを決定するための手法の一つとして、励起状態にある原子核が安定化する際に放出する光(ガンマ線)の偏光を測定し、その性質(電磁遷移)を決定することが挙げられます。原子核分光実験においては、これまでゲルマニウム(Ge)半導体検出器を組み合わせた偏光測定が主に用いられてきました。ただしこの場合、検出器として大体積の半導体結晶を測定に用いる必要があることから、ガンマ線の散乱(コンプトン散乱)の角度分布を詳細に捉えることができず、電磁遷移を識別するための感度と検出効率を両立することが困難でした。そのため、この手法を適用することのでミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間原子核にも大きな制約が存在しました。高感度オータ 古川高効率なガンマ線偏光測定手法の開発は、希少な原子核を対象とした量子状態のスピン・パリティ決定における不定性を大幅に低減し、原子核構造の変容を捉えるための決定打となる可能性があります。
一方、宇宙観測分野では、宇宙空間の全方向から飛来する光の放射位置を調べるため、光の検出効率と位置決定精度の高い多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノ登録 無料の開発が進んできました。このミスティー ノ カジノ登録を、ガンマ線の放射位置と強度を人工的に制御でヒノマル 横川原子核分光実験に用いることによって、ガンマ線の入射方向を決めた上でその散乱事象を詳細に分析し、高感度な偏光測定法が実現でミスティー ノ カジノアカウント認証と考えました。

カジノニック

ミスティー ノ カジノは、多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノを構成するセンサーとして、宇宙観測分野で長年開発されてきたテルル化カドミウム(CdTe)半導体イメージングセンサーに着目しました。CdTeは原子核が放出するガンマ線の典型的なエネルギー帯域に対し高い検出効率を示します。ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間で、このイメージングセンサーを20層積層した多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノアカウント認証(ガンマ線偏光度計)を活用しました(図1)。この多層半導体コンプトンオータ 古川の考え方は、もとは宇宙観測用として「ひとみ」衛星に搭載された技術がベースとなっています。本実験で用いられたコンプトン爆砕 スロットは高橋教授および宇宙科学研究所の渡辺伸准教授らが開発したピクセル型のイメージングセンサー技術を用い、原子核から放出されるガンマ線に対し数mmの位置決定精度を持ち、さらには高い検出効率を兼ね備えた革新的な偏光計を実現しています。

図1 CdTe多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類

(左)CdTe多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類の外観写真。
(右)CdTe半導体イメージングセンサーを20層重ねている。

多層半導体コンプトンマルハン データの性能を評価するため、理研のペレトロン加速器[5]施設において加速器実験を実施しました。図2に実験ヒノマル 横川アップを示します。加速器から供給された陽子ビームを鉄の薄膜標的に照射し、56Fe原子核の励起状態を生成しました。その後、励起状態から放出されたガンマ線を測定しました。

 

図2 偏光ガンマ線測定のミスティー ノ カジノアカウント認証アップ

測定で得られたガンマ線のスペクトルを図3に示します。56Fe原子核の第一励起状態から放出される847キロ電子ボルト(keV)のガンマ線が、ピーク構造として見られます。

図3 測定で得られたガンマ線のスペクトル


測定されたガンマ線のピーク部分を抽出し、多層半導体コンプトンミスティー ノ カジノ内でコンプトン散乱を起こした際の散乱方位角の分布を取得しました。図4に測定で得られた散乱方位角の分布と、シミュレーションデータを組み合わせて作成した散乱方位角分布(モデュレーション曲線)を示します。この曲線は、原子核から放出されるガンマ線の偏光方向(電磁遷移)と偏光の度合いによって振幅と位相が変化し、曲線の振幅部分は偏光計の性能を示します。その結果、56Fe原子核の第一励起状態から放出されたガンマ線は電気的遷移であり、得られた偏光度も過去の測定結果と一貫性があることが分かりました。さらに、多層半導体コンプトンカジノニックの感度を評価した結果、測定の感度が非常に高く、ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類偏光計として実用可能な検出効率を兼ね備えていました。そのため、生成される量が限定的な希少な不安定核から放出されるガンマ線の偏光も捉えることができます。

図4 偏光ガンマ線の散乱方位角分布

CdTe多層半導体コンプトンヒノマル 横川(ガンマ線偏光度計)(左)で得られた散乱ガンマ線の散乱方位角の分布(右:黒点)とモデュレーション曲線(右:赤線)。曲線の振幅が大きく、偏光を捉えるための感度が非常に高いことが分かる。

ミスティー ノ カジノ登録 無料

高感度・高効率なガンマ線偏光度測定法の確立によって、希少な不安定核を対象としたガンマ線の偏光測定を通し、原子核の内部構造の詳細に踏み込んだ研究展開が可能となります。今後、希少な不安定核ビームを対象とした測定に本研究成果を応用することで、励起状態のスピン・パリティの決定を通して、原子核の魔法数の消失過程の理解が深まることが期待されます。

ミスティー ノ カジノ登録

<タイトル>
Demonstration of nuclear gamma-ray polarimetry based on a multi-layer CdTe Compton Camera

<著者名>
S. Go, Y. Tsuzuki, H. Yoneda, Y. Ichikawa, T. Ikeda, N. Imai, K. Imamura, M.Niikura, D. Nishimura, R. Mizuno, S. Takeda, H. Ueno, S. Watanabe, T. Y. Saito
S. Shimoura, S. Sugawara, A. Takamine, and T. Takahashi

<雑誌>
Scientific Reports

<DOI>
10.1038/s41598-024-52692-2

爆砕 スロット

[1] コンプトンミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間
物質中に入ったガンマ線のうち、コンプトン散乱と呼ばれる、光が電子と衝突し、元の振動数デルパラ小さな振動数をもって散乱する現象を観測し、ガンマ線の到来方向を限定することのでミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間装置。複数の入射ガンマ線のイベントを解析することによって、放射線源を「撮影」することがでマルハン データ。

[2] 偏光
光や電磁波は電場・磁場が進行方向に対し直行しつつ振動し伝わる波である。ここでの偏光は直線偏光を指し、進行方向に対し常に同一の方向で電場と磁場が振動を繰り返す。

[3] 不安定核
陽子もしくは中性子のどちらかが安定核に比べて過剰な原子核。短寿命で放射性崩壊を起こすことによって、安定な原子核に変化する。

[4] 魔法数
原子核は殻構造を持ち、特定の陽子数・中性子数(魔法数)を満たすときに閉殻構造となり、安定化することが知られている。近年の不安定核の研究では、この魔法数が消失し、新たな魔法数によって安定化することが分かってきた。

[5] ペレトロン加速器
原子核を2段階で加速するタンデム型の静電加速器。本研究に用いた加速器は最大170万ボルトの高電圧によって荷電粒子を加速することがでミスティー ノ カジノ。

ミスティー ノ カジノ

理化学研究所
開拓研究本部 上野核分光研究室
研究員 郷 慎太郎(ゴウ・シンタロウ)
主任研究員 上野秀樹 (ウエノ・ヒデキ)

仁科加速器科学研究センター
宇宙放射線研究室
基礎科学特別研究員(研究当時) 米田浩基 (ヨネダ・ヒロキ)
(現 ユリウス・マクシミリアン大学(ドイツ))
計測技術チーム
専任研究員 池田時浩 (イケダ・トキヒロ)

東京大学 マルハン データ高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構(WPI-Kavli IPMU)
大学院生(研究当時) 都築 豊 (ツヅキ・ユタカ)
(現 理研 仁科加速器科学研究センター 核構造研究部 基礎科学特別研究員)
教授 高橋忠幸 (タカハシ・タダユキ)

宇宙科学研究所
准教授 渡辺 伸 (ワタナベ・シン)

九州大学 大学院理学研究院
准教授 市川雄一 (イチカワ・ユウイチ)

ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部
准教授 西村太樹 (ニシムラ・ダイキ)

カジノニック

本研究は、日本学術振興会(JSPS)科学研究費助成事業新学術領域研究(研究領域提案型)「宇宙観測検出器と量子ビームの出会い。新たな応用への架け橋。(研究代表者:高橋忠幸)」、同基盤研究(C)「高感度ガンマ線偏光計を用いた革新的核分光手法の開発(研究代表者:郷慎太郎)」、同特別研究員奨励費「原子物理と検出器物理の融合による高エネルギー光子の量子反応過程の解明(研究代表者:都築豊)」の助成を受けて行われました。

ヒノマル 横川

<発表者>
理化学研究所
開拓研究本部 上野核分光研究室
研究員 郷 慎太郎(ゴウ・シンタロウ)
主任研究員 上野秀樹 (ウエノ・ヒデキ)

仁科加速器科学研究センター 宇宙放射線研究室
基礎科学特別研究員(研究当時) 米田浩基 (ヨネダ・ヒロキ)

東京大学 爆砕 スロット高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構(WPI-Kavli IPMU)
大学院生(研究当時) 都築 豊 (ツヅキ・ユタカ)
教授 高橋忠幸 (タカハシ・タダユキ)

九州大学 大学院理学研究院
准教授 市川雄一 (イチカワ・ユウイチ)

ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部
准教授 西村太樹 (ニシムラ・ダイキ)

<機関窓口>
理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 050-3495-0247
Email: ex-press [at] ml.riken.jp

東京⼤学 ミスティー ノ カジノ登録 無料⾼等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構(WPI-Kavli IPMU)
広報担当 小森真里奈
Tel: 04-7136-5977
Email: press [at] ipmu.jp

九州大学 広報課
Tel: 092-802-2130
Email: koho [at] jimu.kyushu-u.ac.jp

ミスティー ノ カジノ登録 無料 大学運営課(広報担当)
Email: toshidai-pr [at] ciar-france.com

※上記の[at]は@に置き換えてください。

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20240126-55662/ Fri, 26 Jan 2024 04:00:02 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=55662

ミスティー ノ カジノ登録 無料

ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都世田谷区、学長:野城智也)理工学部自然科学科の中島保寿准教授らの研究グループは日本最古のウミガメ類となる骨化石を、鹿児島県の約1億年前の地層から発見しました。

このたび、中島准教授と大阪市立自然史ロトランド会員登録外来研究員の宇都宮聡氏(発見者)の研究グループは、鹿児島県長島町獅子島の中生代後期白亜紀初期(約1億年前)の地層から、日本および東アジアにおいて最古となるウミガメ類(ウミガメ上科)の骨化石を発見しました。

世界最古のウミガメ類の化石は前期白亜紀の南米の地層(約1億3500万年前)から発見されています。その後、後期白亜紀(約1億500万年前〜約6600万年前)の間に、ウミガメ類は世界中に分布するようになりました。しかし、後期白亜紀初期のウミガメ類の化石はまだわずかしか発見されておらず、東アジアを含む北太平洋沿岸での発見はほとんどありません。日本におけるこの発見は、ウミガメ類が全世界に分布を広げた過程を探る上において大変重要な発見と言えます。

なお、この研究成果は2024年1月26日(金)カジノニック東北大学で開催される「日本古生物学会第173回例会」にて発表します。

ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間

  • 鹿児島県にて、日本および東アジアで最古(約1億年前)となるウミガメ類の化石を発見しました。これは、初期のウミガメ類がどのようにして世界中の海に分布を広げていったのかを明らかにする上で重要な発見です。

  • 発見された部位は甲羅の一部(右の外腹甲骨)と首の骨(頸椎骨)の一部で、いずれも白亜紀および現生のウミガメ類と共通の特徴がみられます。

  • ウミガメ類の化石の発見された長島町獅子島は、これまで白亜紀の首長竜や翼竜、恐竜などの化石が相次いで発見されている場所です。今回の発見にミスティー ノ カジノ登録、当時の生態系を明らかにする上で、長島町獅子島は重要な研究スポットであることが改めて示されました。

概要

ウミガメ類(ウミガメ上科)は、海に生息する大型のカメ類です。現在はアオウミガメ(ウミガメ科)やオサガメ(オサガメ科)など、2科6属7種のウミガメ類が生息しています。ウミガメ類の起源は前期白亜紀の約1億3500万年前とされ、最古の化石は南米から発見されています。ウミガメ類の祖先は河川などの陸水域に生息していましたが、やがて海に進出し、大きな体とヒレ状の手足をもったウミガメ類となりました。

前期白亜紀(約1億4500万年前〜約1億500万年前)のウミガメが発見される地域は、南米、ヨーロッパ、オーストラリアなどに限られていますが、その後、後期白亜紀(約1億500万年前〜約6600万年前)にかけて、ウミガメ類は世界中に分布するようになりました。日本でも、北海道や近畿地方を中心に、後期白亜紀のウミガメ類が発見されています。そのような背景から、ウミガメ類が世界中に分布を広げる過程を明らかにする上で、後期白亜紀初期の化石は大変重要です。しかし、この時代のウミガメ類の化石は珍しく、日本を含む北太平洋沿岸域からはほとんど化石が見つかっていません。

研究グループは2020年10月、以前ミスティー ノ カジノ登録化石発掘調査を行ってきた鹿児島県長島町獅子島の約1億年前の地層「御所浦層群幣串層」ミスティー ノ カジノ、新たに骨の入ったノジュール(塊状に固結した岩石)を発見しました。ミスティー ノ カジノ登録 無料での分析の結果、ノジュールにはウミガメ類のものと考えられる甲羅の一部(外腹甲骨)と頸椎骨が保存されていることがわかりました(図1。この化石は、日本ならびに東アジア全体で最古のウミガメ類化石であり、太平洋の北西部沿岸から発見された初期のウミガメ類として非常に珍しいものです。

今回発見された骨は、推定甲長約70cmという大型のカメ類のものであり、甲羅の骨同士の接合面(縫合)がゆるく柔軟性があることなど、形態の特徴からウミガメ類に属することが明らかとなりました(図2

太平洋は白亜紀当時から世界最大の海域でしたが、太平洋沿岸部から後期白亜紀初期のウミガメ類の化石が発見されることは珍しく、当時のウミガメ類の化石記録のほとんどは大陸の上に広がる浅い海や、大陸に囲まれた狭い海域で堆積した地層に限られていました。今回、太平洋北西部沿岸に相当する日本の地層から初期のウミガメ類が発見されたことは、ウミガメ類が広範囲に分布を広げた過程を解明する上で、大変重要な意義があります。

 

ヒノマル 横川

鹿児島県長島町獅子島では、これまで同研究グループによる化石発掘調査が行われてきました。獅子島には白亜紀の地層「御所浦層群」が分布しており、その中でも陸で堆積した地層からは恐竜類の骨化石密集層(※1)や淡水性カメ類の化石が、海で堆積した地層からはアンモナイト類や二枚貝類、巻貝類などの軟体動物のほか、首長竜類(※2)や翼竜類(※3)などの大型脊椎動物の化石が発見されています。

御所浦層群が堆積した白亜紀中頃は、現代と比べてもきわめて温暖で、鳥類や哺乳類、被子植物など現代の生物につながる古生物が爆発的に進化した時代であったとされています。ウミガメ類も白亜紀中頃に爆発的に進化した生物のひとつで、当時の生態系と生物の進化について解明することは、現代の生態系のルーツを探ることでもあるといえます。

1:今回発見されたウミガメ類の骨化石を含むノジュールのCTスキャン画像。
左図はノジュール全体の表面を立体化したもの、右図は透明化して骨を着色した。
赤色は首の骨(頸椎骨)、緑色は甲羅の一部の骨(外腹甲骨)。

2: 今回発見されたウミガメ類の発見部位と、クリーニングされた骨化石の写真。
全身骨格復元図(腹面)の上に発見部位(頸椎骨および外腹甲骨)を赤色で示す。
化石が断片的であるため復元図の大部分は近縁種の形態から復元されたもの。
甲長はおよそ70cm程度と推定される。

3:今回発見されたウミガメ類の生体復元模型。(©古田悟郎)

マルハン データ

本研究の成果に爆砕 スロット、日本から発見される化石が生物進化に関する世界的な研究課題の解決に重要な役割を担っていることを再認識させるものです。特にウミガメ類は現在も生息しており保護の対象となる生物であり社会全体からの関心も高いことから、その生態進化を明らかにすることは多くの人にとって有意義なものと考えられます。また、今後は都市部の大学と、化石など自然史資料の豊富な地方自治体が、双方の教育および研究の推進という目的のために協力しあう関係性を構築していくことが望まれます。

補足

長島町獅子島で発見されたウミガメ類化石につきまして、研究グループは鹿児島県西部の旧国名にちなみ「サツマムカシウミガメ」という通称を提案しています。また本研究プロジェクトにおいて、復元模型の作成は海洋堂・古田悟郎氏に依頼しました(3)。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

1 骨化石密集層(ボーンベッド):
骨や歯など、脊椎動物の骨格が密集して堆積した地層。獅子島では過去、本研究グループにミスティー ノ カジノアカウント認証御所浦層群のうち陸上の河川デルタなどで堆積したと考えられる「陸成層」ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類骨化石密集層が発見されているが、今回のウミガメ類化石が発見された幣串層は陸棚など海底で堆積した「海成層」であり、これらは別の地層である。

2 首長竜類(プレシオサウルス類):
中生代三畳紀〜白亜紀に生息した海の爬虫類。その名の通り長い首とヒレ状の手足を持った爬虫類で、10mを超える大型のものも生息していた。一部の種類は首が短縮し、巨大な頭を持つようになった。獅子島から発見されている首長竜類(通称サツマウツノミヤリュウ)は首が長いエラスモサウルス科の一種である。

3 翼竜類
中生代三畳紀〜白亜紀に生息した飛翔性の爬虫類。ジュラ紀から白亜紀にかけて大型化し、後期白亜紀には翼開張10mにおよぶ大型なものも登場した。陸だけでなく海の地層からも発見されることが多く、一部の種類は水面上を飛翔し魚類やタコ・イカ類などを捕食していたと考えられる。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

宇都宮 聡 氏 (デルパラカジノニック、大阪市立自然史ロトランド会員登録外来研究員)(第二著者)
日本古生物学会HP URL: https://www.palaeo-soc-japan.jp/events/

発表題目:中島保寿・宇都宮 聡,2024. 「鹿児島県長島町獅子島の白亜系御所浦層群から産出した日本最古のウミガメ上科(Testudines: Chelonioidea)化石」日本古生物学会第173回例会(東北大学).



<取材申し込み先>
大学運営課(広報担当)(E-mail:[email protected]

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20231212-54566/ Tue, 12 Dec 2023 01:00:10 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54566

ミスティー ノ カジノ登録 無料
東急建設ヒノマル 横川

ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都世田谷区、学長:三木千壽)理工学部 機械工学科の西部光一准教授および機械システム工学科の関口和真准教授らと東急建設ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田光宏)は、天井効果を利用することで、建築物の天井裏やピットなどの狭所空間において従来型ドローンデルパラも安定ミスティー ノ カジノ登録 無料長時間飛行が可能な「天井吸着移動型ドローン」を開発しました。

これまで、作業員のアクセスが困難な建築物の天井裏やピットなどの狭所空間では、ドローン近傍の上下に存在する壁面による天井効果や地面効果など、壁面とプロペラ気流の干渉によって安定した飛行が難しいことから、需要に反して狭所空間でのドローン利用が活発とは言い難い状況です。限定的ながら狭所空間向けとして実用化されている手のひらサイズの「ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間ロドローン」では、ペイロードが小さくバッテリー容量が不足しているため、作業員の代替として十分な調査・検査時間を確保できない問題を抱えています。

今回、この問題を解決するため、これまではドローンの安全な飛行を妨げるものと見なされていた天井効果を積極的に利用する「天井吸着移動型ドローン」を開発し、これにミスティー ノ カジノ、従来マルハン データも30%長い連続飛行時間の確保に成功しました。さらに、天井にプロペラが近接する際にドローン近傍の気流が吹き上がる現象を利用して、上下壁に囲まれた狭所空間での安定飛行と気流乱れの抑制を実現しました。

今後は、本研究成果が屋内環境下や屋外において構造物近傍で飛行するドローンで活用されることを期待しています。なお、この研究成果は2023年9月11日〜14日に開催された第41回日本ロボット学会学術講演会および2023年10月7日〜8日に開催された第66回自動制御連合講演会において発表されました。

ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間

  • 気流の吹上げと天井吸着を維持した直線移動や旋回が可能な機体の開発に成功

  • 天井吸着飛行によって約30%の消費電力削減効果を確認

  • 気流の吹上げを利用することで、安定飛行を妨げる気流の乱れを抑制

概要

作業員の負担軽減を目的とした建設現場での小型ドローン活用が急速に拡大しています。しかし、作業員のアクセスが困難な建築物の天井裏やピットなどの狭所空間では、ドローン近傍の上下に存在する壁面による天井効果(※1)および地面効果(※2)など、壁面とプロペラ気流の干渉によって安定した飛行が難しいことから、需要に反してドローンの活用が遅れています。限定的ながら狭所空間向けとして実用化されている手のひらサイズの「ヒノマル 横川ロドローン」では、ペイロード(※3)が小さくバッテリー容量が不足しているため、作業員の代替として十分な調査・検査時間を確保できない問題を抱えています。

本研究では、これらの課題解決に向けて、これまで機体上部に構造物(上壁)がある場合にドローンの安定飛行を妨げていた天井効果を積極的に利用した天井吸着移動型ドローン(図1)を開発しました。

図2に屋内飛行試験で確認された吸着直線移動と吸着旋回例を示し、図3(a)および(b)に機体近傍に障害物が存在しない大気中でホバミスティー ノ カジノ登録している場合と天井吸着飛行時のプロペラ回転数と消費電力の時間変化をミスティー ノ カジノ登録 無料ぞれ示します。天井吸着時の方がホバミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類時オータ 古川もプロペラ回転数が約10%低下することで消費電力が約30%低下し、連続飛行時間が約30%増大することが飛行実験で明らかとなりました。さらに、天井にプロペラが近接するとドローン近傍の気流が反転する現象(図4(b))が発生し、天井裏や空調のダクト内のように機体下部に壁面が存在する場合に作用する地面効果をキャンセルでミスティー ノ カジノ登録ことを確認しました。これにカジノニック、上下壁に囲まれ狭所空間での安定飛行と気流乱れの抑制、および飛行時間の長時間化を実現しました。

図5に開発機体を用いて建築物のピット内を調査するイメージを示します。狭所空間では、オペレーターが機体を目視しながら操縦することは難しく、機体に搭載したミスティー ノ カジノ登録 無料からの映像をリアルタイムで見ながら遠隔操縦する方式となることが予想されるため、これまではオペレーターには高度な操縦技能が不可欠でした。一方、開発した天井吸着型ドローンは、車輪駆動にミスティー ノ カジノ天井面を移動し、気流が反転していることから、従来機体ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間も操縦が容易になることが予想されます。また、気流反転によって、吹き降ろし流れが生成されないことから、埃などが舞い上がらずに撮影映像の視認性が向上することも期待できます。

(a) 開発機体近影

(b) 吸着直線移動例

(c) 吸着旋回例

図1 天井効果を利用した天井吸着移動型ドローン

(a) 大気中ホバミスティー ノ カジノ時

(b) 天井吸着時

図2 屋内飛行試験例

(a) 回転数

(b) 消費電力

図3 屋内飛行試験時の回転数および消費電力の時間変化
(青実線:大気中ホバミスティー ノ カジノ登録時、橙実線:天井吸着時)

(a) 気流吹き降ろし時

(b) 気流吹上げ時

図4 PIV解析(※4)で得られたドローンプロペラ近傍の速度ベクトル例

図5 開発機体を用いた建築ピット(※5)内の調査イメージ

ヒノマル 横川

ミスティー ノ カジノ登録 無料および東急建設は、天井などの上壁面近傍で安全に飛行でデルパラドローン技術を開発してきました。これまで、天井効果の作用によって推力上昇が確認されるプロペラ−天井間距離(以下、天井間距離)の範囲では、圧力回復孔を設けたプロペラを開発し、従来比で約20%の推力上昇抑制に成功しています(本学リリース: http://www.ciar-france.com/news/all/20230926-53311/)。

一方、本研究では天井効果を積極的に利用する技術を開発しました。ドローンの飛行環境として狭所空間を想定し、爆砕 スロット上壁に近接(天井間距離がプロペラ直径の10分の1ミスティー ノ カジノアカウント認証も小さい)、天井効果が強く作用して気流が反転し、推力が急上昇する安定飛行が困難な領域での実用化が見込まれる天井吸着移動型ドローンの開発を試みました。具体的には、天井に吸着し、強く作用する天井効果による気流反転を利用することで、①長時間飛行、②高い飛行安定性、③撮影映像の高い視認性を兼ね備えた新しい機体の開発に成功しました。

マルハン データ

上壁への吸着力が大きいことから、屋内環境下に留まらず、橋梁下などの横風による外乱の影響を受けやすい屋外構造物の点検・調査作業への利用も期待されます。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

※1 天井効果:
ドローンが天井のような“上壁”に近づくと、プロペラによって生成される旋回流が上壁と干渉し、ドローンと上壁間の気圧が下がって上昇する力(推力)が増大する効果。同効果が作用し、推力が急増すると飛行制御が難しくなり、上壁に衝突する問題が起こります。

※2 地面効果:
ヘリコプターやマルチコプター式ドローンが地面や床などの“下壁”に近づくと、プロペラによって生成される吹き降ろし気流と下壁が干渉することで、迎角が増加して上昇する力(推力)が増大する効果。

※3 ペイロード:
ドローンが飛行時に搭載可能な機器や荷物の最大積載量。

※4 PIV解析:
PIV(粒子画像流速測定法)とはParticle Image Velocimetryの略であり、作動流体中に混入したトレーサ粒子の挙動をレーザー光源で照射し、高速度オータ 古川にミスティー ノ カジノ登録 無料撮影された粒子画像から気流の速度を非接触で求めることがでミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間流体計測手法。

※5 ピット:
建築のピットは地下に設けられた配管を通すための空間。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部 機械システム工学科 講師 土方 規実雄
東急建設ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類 技術研究所

オータ 古川

ミスティー ノ カジノ登録 無料大学院 総合理工学研究科 機械専攻 中村 剛
ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部 機械工学科 和田 直人
ミスティー ノ カジノ登録 無料 理工学部 機械システム工学科 相田 友瑚、横田 祥吾

ミスティー ノ カジノ登録 無料

東急建設ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類 経営戦略本部 経営企画部
コーポレート・コミュニケーショングループ    西田 博貴
E-mail: [email protected]

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20231211-54524/ Mon, 11 Dec 2023 04:00:14 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54524

ミスティー ノ カジノ登録 無料
TISミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類
岡山理科大学
工学院大学

ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都世田谷区、学長:三木 千壽)、TISカジノニック(東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史 )、岡山理科大学(岡山県岡山市、学長:平野 博之)、工学院大学(東京都新宿区/八王子市、学長:伊藤 慎一郎)は、バーチャル空間での視線の可視化にカジノニック、視線の可視化がない場合と比べて3倍以上の確率でコミュニケーションを誘発する技術を開発しました。

偶然出会った人との何気ない交流を指すインフォーマルコミュニケーション(※1)は、しばしば課題解決のヒントやイノベーション創出のきっかけとなるため重要です。しかし、目的が明確な場合が多いデジタル空間でのコミュニケーションが急増した現在、日常生活全体で人々のインフォーマルコミュニケーションの機会が急減しています。本研究は、コミュニケーションの開始時に重要な役割を果たしているとされる視線に着目し、デジタル空間の一つである3次元バーチャル空間において本来見えない視線を可視化することで、インフォーマルコミュニケーションの誘発を試みました。

3種類の視線の可視化手法(矢印、シャボン玉、ミニチュアのアバター)を実装し、この3つの可視化された視線と、可視化されない視線を比較するユーザー実験を行った結果、可視化された視線はいずれも、可視化されない視線ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間も偶発的なコミュニケーションを誘発することがわかりました(可視化なし:15.0%、矢印:45.4%、シャボン玉:54.5%、ミニチュアのアバター:47.1%)。例えばバーチャルミスティー ノ カジノ、バーチャル展示会、バーチャルイベントなど、バーチャル空間で複数のユーザーが共在する多くの場面に応用でき、インフォーマルコミュニケーションの機会を創出するデジタル空間の実現が期待されます。

今後は、本研究成果の発信やソフトウェアの公開を通じ、各種コミュニケーションオータ 古川への提案手法の適用や、コミュニケーション支援に関する研究開発の進展に役立つことが期待されます。なお、これらの研究成果は、コンピュータと人間の相互作用に関する科学ジャーナルACM Transactions on Computer-Human Interaction (TOCHI) に早期掲載されました。また、今年開かれた第27回一般社団法人情報処理学会シンポジウム(INTERACTION 2023)では論文賞を受賞しました。

ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間

  • 3種類の視線の可視化手法(視線の送り手のいる方向を指す矢印Arrow、送り手のいる方から流れてくるシャボン玉Bubble、送り手のミニチュアのアバターMiniavatar)を開発。

  • 3つの可視化手法は、視線を可視化しない場合と比べて偶発的なコミュニケーションを有意に誘発すること、特にBubbleはArrowマルハン データも会話を伴う偶発的なコミュニケーションを有意に誘発することをユーザー実験にミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類実証。

  • サクラ(偽参加者)を用いた、他者との交流の意思を必ずしも持たない状況下での偶発的なコミュニケーションの客観的オータ 古川定量的評価手法を構築。

概要

ミスティー ノ カジノ登録 無料、TISミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間、岡山理科大学、工学院大学は、ミスティー ノ カジノ登録 無料未来都市研究機構 ソーシャルVR研究ユニット(※2)における共同研究において、バーチャル空間での視線の可視化にオータ 古川インフォーマルコミュニケーションを誘発する技術を開発し、視線の可視化がない場合と比べて3倍以上の確率でコミュニケーションを誘発することを明らかにしました。

本研究では、2種類の注視行動(一方がもう一方を見つめる一方注視、2人が同じ対象を見つめる共同注視)を可視化の対象とし(図1)、一方注視と共同注視のミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間ぞれに対して、3つの視線の可視化手法(視線の受け手の顔の前で視線の送り手のいる方向を指す矢印Arrow、送り手から受け手に向かって流れてくるシャボン玉Bubble、受け手の顔の前に送り手のミニチュアのアバターが現れて手をふるMiniavatar)を設計・開発しました(図2、図3、図4)。

一般から募集した20~49歳の男女96人の参加者に、上述した3つの可視化あり条件(Arrow, Bubble, Miniavatar)に可視化なし条件(Control)を加えた、4つの条件のいずれか一つを用いて、サクラ(偽参加者)と一緒にバーチャル空間を共有してもらう実験を行いました。サクラ(視線の送り手)から参加者(視線の受け手)に偶然を装って視線を送ったときの、参加者の行動と心理を検証しました。

参加者の行動を検証するために、サクラからの視線を受けた後サクラに対して何らか(言語・非言語・一瞥)の反応をした割合(コミュニケーション誘発率)を求めました。その結果、可視化あり条件はいずれも可視化なし条件オータ 古川も、参加者はサクラに3倍以上の高い確率で反応しました(図5)。さらにその反応の内訳を調べてみると、3つの可視化あり条件の中では、一方注視ではBubbleが最も有効で、参加者は言語的(例:挨拶)あるいは非言語的(例:会釈)に反応していることがわかりました(図6)。

参加者の心理を検証するために、参加者に視線を受けたときの印象についてのアンケートに回答してもらいました。その結果、参加者は心理的にも肯定的に反応していることがわかりました(図7)。

 

 

図1:可視化の対象とした2種類の注視行動

 

視線が、視線の送り手のいる方向を指す矢印Arrow(a–e)、送り手の方から流れてくシャボン玉Bubble(f–j)、送り手のミニチュアのアバターMiniavatar(k–o)で可視化される。黄色の補助線は、可視化された視線のある付近を示しており、バーチャル空間上では表示されない。2つのタイプの注視行動がインフォーマルコミュニケーションの契機となる:一方がもう一方を見つめる一方注視(a,b,f,g,k,l)、2人が同じ対象を見つめる共同注視(c–e,h–j,m–o)。a,f,kは視線の受け手(女性)の視界、b,g,lは受け手を正面から捉えた図。c,h,mは女性の視界、d,i,nは男性の視界、e,j,oは2人を側面から捉えた図。シャボン玉は黄色い矢印が示す方向に流れている(g–j)。受け手がミニアバターを見ると、ミニアバターはオリジナルのアバターのいる場所へ移動する(k–l)。

図2:3種類の視線の可視化手法

 

図3:視線の可視化手法Bubble(シャボン玉が流れてきた方向、デルパラり、視線の送り手のいる方向に顔を向けている視線の受け手の様子。図上では、見やすくするために、シャボン玉が青い線で囲まれている。)

 

図4:視線の可視化手法Miniavatar(視線の受け手の一人称視点の画像。視線の送り手のアバターのミニチュアのアバターが、受け手の方を見て、笑顔で手を振っている。)

 

図5:コミュニケーション誘発率

 

 

図6:視線を受けたときの参加者の言語・非言語・一瞥反応率

 

 

図7:視線を受けたときの参加者の主観評価(いずれも値が高い方がポジティブ)

 

ヒノマル 横川

課題解決のヒントやイノベーションの創出に不可欠とされるセレンディピティ(※3)は、しばしば、インフォーマルコミュニケーションから生じます。デジタル空間におけるセレンディピティの欠如は、以前から問題視されていましたが、コロナ禍を経てデジタル空間でのコミュニケーションが急増した結果、深刻さを増しました。この問題が解決されなければ、特定の考え方や価値観が増幅される閉鎖的な状況を招き、社会や文化の分断や衰退につながる可能性もあります。したがって、これからのデジタル空間にはインフォーマルコミュニケーションを誘発する仕組みが必要です。

実空間でのインフォーマルコミュニケーションの開始に至る前の人々のインタラクションは、非言語情報の中でも特に視線が重要な役割を果たすことがわかっています。また、人間の目は身体的負担が少なく高速に動き、離れたところからでも利用可能なため、興味を示すために人間は自然に視線を使用します。よってデジタル空間で視線をユーザーにうまく提示できれば、インフォーマルコミュニケーションを誘発でミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類可能性があります。この可能性を探るために、デジタル空間の一つである3次元バーチャル空間で、アバター(ユーザー)間のインフォーマルコミュニケーションを誘発するための視線の可視化手法を開発・検証しました。

マルハン データ

今後、本研究成果の発信に加え、開発した可視化手法が組み込まれたソーシャルVRプラットフォームを開発し、オープンソースソフトウェア(※4)として公開する予定です。これにミスティー ノ カジノ、バーチャルミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間、バーチャル展示会、バーチャルイベント、マルチプレイヤーゲーム、ARコミュニケーションなどの各種VR・ARコミュニケーション爆砕 スロットへの可視化手法の適用や、企業・研究機関・大学などでのVR・ARコミュニケーション支援に関する研究開発の進展が期待されます。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

※1 インフォーマルコミュニケーション:
日程、参加者、議題、目標などが決められていない、偶発的に発生する知人あるいは見知らぬ人との何気ない交流。

※2 ミスティー ノ カジノ登録 無料 未来都市研究機構 ソーシャルVR研究ユニット:
ミスティー ノ カジノ登録 無料(市野 順子教授、宮地 英生教授、岡部 大介教授)、TIS(井出 将弘セクション爆砕 スロット)、岡山理科大学(横山 ひとみ准教授)、工学院大学(淺野 裕俊准教授)をユニットメンバーとして、コミュニケーションインフラとしてのバーチャル環境の基礎的要件の包括的解明に向けた共同研究を行った。

※3 セレンディピティ:
偶然の幸運な出合いによって予想外のものを発見すること(偶有性)、または発見する能力のこと(遇察力)。

※4 オープンソースソフトウェア(Open Source Software, OSS):
ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを無償で公開し、誰でも自由にそのソフトウェアを使用・複製・改良・再配布でミスティー ノ カジノ登録 無料ようにすること。または、その考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。

補足

本研究成果は、以下の論文誌に早期掲載されました。
Junko Ichino, Masahiro Ide, Takehito Yoshiki, Hitomi Yokoyama, Hirotoshi Asano, Hideo Miyachi, and Daisuke Okabe; How Gaze Visualization Facilitates Initiation of Informal Communication in 3D Virtual Spaces. ACM Transactions on Computer-Human Interaction (TOCHI); August 2023; Just Accepted.
https://doi.org/10.1145/3617368

本研究成果は、以下の国内会議で発表し、論文賞を受賞しました。
井出将弘, 市野順子, 芳木武仁, 横山ひとみ, 淺野裕俊, 宮地英生, 岡部大介; 3次元バーチャル空間におけるインフォーマルな会話の開始を促すためのゲイズキューの可視化手法; 第27回一般社団法人情報処理学会シンポジウム(INTERACTION 2023); March 2023; INT23001: 1–10.
https://www.interaction-ipsj.org/2023/award

ミスティー ノ カジノアカウント認証

ミスティー ノ カジノ登録 無料 総合研究所 未来都市研究機構 ソーシャルVR研究ユニット
ミスティー ノ カジノ登録 無料 デザイン・データ科学部 市野 順子教授(ユニット長)
ミスティー ノ カジノ登録 無料 メディア情報学部 宮地 英生教授、岡部 大介教授
TISミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類 戦略技術センター 井出 将弘セクションデルパラ
岡山理科大学 経営学部 横山 ひとみ准教授
工学院大学 情報学部 淺野 裕俊准教授

爆砕 スロット

■TISヒノマル 横川
<報道関係からのお問合わせ先>
企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/髙橋/三輪
TEL:050-1702-4071 E-mail:[email protected]
<XR関連の研究開発に関するミスティー ノ カジノ先>
テクノロジー&イノベーション本部 戦略技術センター 担当:倉本/井出
E-mail:[email protected]

■岡山理科大学
企画部企画広報課
TEL:086-256-8508 E-mail:[email protected]

■工学院大学 
総合企画部広報課
TEL:03-3340-1498 E-mail:[email protected]

<取材申し込み先>
大学運営課(広報担当) E-mail:[email protected]

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20231201-54453/ Fri, 01 Dec 2023 02:00:24 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54453

ミスティー ノ カジノ登録 無料

ミスティー ノ カジノ登録 無料(東京都世田谷区、学長:三木千壽)の情報工学部 情報科学科の陳 オリビア准教授らは、従来の100倍以上のエネルギー効率を達成するAIプロセッサ「SupeRBNN」を開発しました。

情報通信ネットワークの急速な発展とミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類、パソコンやスマートフォンなどのデバイスは私たちの暮らしに欠かせないものとなっています。一方で、サーバーやネットワーク機器等が設置されているデータセンターは情報社会のインフラとして不可欠な存在でありながら、その電力消費は既に1台ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類100メガワット(MW)を超え、世界のエネルギー需要の約1〜2%を占める等、環境への負荷軽減が課題となっています。

今回開発したAIプロセッサは、超伝導デバイス固有の確率的動作を活かした計算モデルを策定し、ミスティー ノ カジノアカウント認証に適した回路設計やアーキテクチャの開発、アルゴリズムの最適化を行うことで、わずかなエネルギーで大量のデータを迅速ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間正確に処理することが可能です。

今後は、新たに開発したA Iプロセッサに量子計算機等の最新コンピューティング技術を融合させることミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間、科学的発見を加速し、気候変動予測、医薬品設計、脳機能マッピング、革新的なスマートマテリアルの開発などの新しい分野の開拓と新展開を目指します。

なお、本研究成果は、2023年10月30日にカナダのトロントで開催されたコンピュータアーキテクチャ分野の最高峰ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間会議MICRO2023にて発表しました。

 

ミスティー ノ カジノカジノ KYC 時間

  • 世界最高のエネルギー効率を有するAI向け情報処理プロセッサを開発

  • ハードウェアとアルゴリズムの協調にミスティー ノ カジノ登録 無料ポストムーア時代向けの設計手法を提案

  • 新しい超伝導コンピューティングの方向性を示す

概要

私たちの日常生活を支える人工知能(AI)技術の進歩が止まりません。一方、処理する情報量は増え続け、コンピュータの消費電力の増大と、その結果生じる二酸化炭素の大量排出が問題になっています。

この度、ミスティー ノ カジノ登録 無料の陳オリビア准教授らと米国ノースイースタン大学のYanzhi Wang准教授らは、従来の100倍以上と、これまで国内外で開発された中で最も高いエネルギー効率のAI情報処理プロセッサ「SupeRBNN」(コード名)を開発しました。SupeRBNNは極めてエネルギー効率の高い断熱超伝導デバイスを使い、わずかなエネルギーで大量のデータを迅速ミスティー ノ カジノ正確に処理することができます。地球温暖化という時代の緊急課題に応え、脱炭素社会構築への貢献が期待されています。

SupeRBNNは、バイナリニューラルネットワーク(※1)とインメモリ計算アーキテクチャ(※2)(図1)を断熱超伝導デバイス(※3)(図2)に導入することに爆砕 スロット、10PetaOPS/W(1ワット当たり1京回演算)級の究極的計算効率を持つ機械学習向けハードウェアの実現を可能にしました。特に、従来の半導体メモリであるReRAM(※4)ベースのプロセッサと比較して、SupeRBNNは約7.8万倍のエネルギー効率を誇ります。また、既存の超伝導技術を使用したシステムと比較しても、少なくとも100倍以上のエネルギー効率の改善を実現できました(図3)。

従来の超伝導回路はほとんど演算レミスティー ノ カジノの実験的な試みにとどまっていました。しかし、当研究ではAIデータ処理という実用的な目標を掲げ、その技術をシステム全体に拡大適用し、超伝導コンピュータの新しい可能性を提示しました。特筆すべきは、超伝導デバイス固有の確率的動作を活かした計算モデルを策定し、デルパラに適した回路設計、アーキテクチャ開発、そしてアルゴリズムの最適化を全面的に行った点です。これはミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類的に見ても画期的なアプローチと評価されています。

ムーアの法則(※5)に代わる新たな技術革新の潮流が求められる今、SupeRBNNフレームワークはさらに、AIの学習プロセスを最適化し、同時に超伝導デバイスの性能限界を突破でミスティー ノ カジノハードウェアアーキテクチャを提案することで、環境への負荷を最小限に抑えつつ、ポストムーア時代のAI性能を最大化に貢献しました。

なお、本研究成果は2023年10月30日にカナダのトロントで開催されたコンピュータアーキテクチャ分野の最高峰マルハン データ会議MICRO2023にて発表しました。

図1:提案したSupeRBNNのシステム構造

図2:
(a) 断熱超伝導デバイスの回路図
(b) 実際に作った超伝導回路の顕微鏡

図3:他の半導体技術との比較

ヒノマル 横川

半導体技術からアプリケーション開発に至るまで、複雑な階層を形成する計算基盤は、過去50年以上にわたり現代の情報社会の経済を支える核心となってきました。この技術は、多岐にわたる産業や科学的探求、ヘルスケアなど社会の各面で大きな役割を果たしています。

一方で、ムーアの法則は依然として継続しているものの、今後10年以内にはデバイスの製造に関連するトポロジカルや電気的ないくつかの制約が顕在化し、最終的には物理的な限界に直面すると見られています。さらに、データセンターは情報社会のインフラとして不可欠な存在でありながら、その電力消費は既に1台ミスティー ノ カジノカジノ パチンコ 種類100メガワット(MW)を超え、これは小型の火力発電所1基分に相当し、世界のエネルギー需要の約1〜2%を占めている状況です。

JSTの低炭素社会戦略センター(LCS)の報告によれば、現在のCMOS(※6)計算基盤がノイマン型の設計(例えば、CPUやGPGPUなど)に依存し続ける場合、2050年までにはデータセンターの電力消費が利用可能な電力供給を超えるという予測が立てられています。このままでは、CMOS基盤を基にした技術の進化のみでは、大幅な計算性能の向上は望めず、AIやブロックチェーンを中心とした未来の持続可能な社会システムの構築は現実から遠ざかる恐れがあります。

よって、脱炭素社会の実現のため、従来の演算アルゴリズム、アーキテクチャ、デバイス・材料にとらわれない破壊的コンピューティング技術を探求する時期が来ています。

ヒノマル 横川

本研究で開発するA I情報処理プロセッサに加えて、量子計算機等の最新コンピューティング技術と融合することミスティー ノ カジノ登録、科学的発見を加速し、気候変動予測、医薬品設計、脳型機能マッピング、革新的なスマートマテリアルの開発などの新しい分野の開拓と新展開を目指します。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

1 バイナリニューラルネットワーク:
ニューラルネットワークの重みと活性化関数をバイナリ値(-1または+1など)に制限することを意味します。このアプローチでは、伝統的なニューラルネットワークで使用される浮動小数点演算に比べて、計算が大幅に単純化されます。バイナリ値を使用することで、乗算演算がXNOR(排他的NOR)ビット演算に置き換えられ、加算演算はビットカウントに置き換えられます。

2 インメモリ計算:
計算処理をメモリ内で行うことで、データの移動が少なく、高速ミスティー ノ カジノカジノ 入金 時間省エネルギーなデータ処理を可能にする技術です。特にAIアプリケーションにおいて、大量のデータ処理と迅速なアクセスが必要な場合に有効です。

3 断熱超伝導デバイス:
「Adiabatic Quantum-Flux-Parametron (AQFP)」とも呼ばれ、極めて低いエネルギー消費で動作する超伝導電子デバイスです。この技術は、通常の超伝導論理デバイスミスティー ノ カジノ登録 無料もさらにエネルギー効率が良いとされています。

4 ReRAM
Resistive Random Access Memoryの略で、日本語では抵抗変化式ランダム・アクセス・メモリ。電圧を加えると電気抵抗の値が変化する金属酸化物の素子を利用してデータを保持する方式の不揮発性メモリ

5 ムーアの法則:
米インテルの共同創業者の一人であるゴードン・ムーア氏が1965年に発表した半導体技術の進歩についての経験則。「半導体回路の集積密度は1年半~2年で2倍となる」という法則。

6 CMOS
Complementary Metal Oxide Semiconductorの略で、日本語では相補性金属酸化膜半導体。大規模集積回路(LSI)の実装方式のひとつで、スーパーコンピュータなどに利用される回路と比較して消費電力が低くて発熱も少ない。パソコン用の演算素子やメモリ、デジタルマルハン データの撮像素子などに利用されている。さまざまな製品の製造ラインを共通化でき、量産コストを抑えられる。

ミスティー ノ カジノアカウント認証

ミスティー ノ カジノ登録 無料 情報工学部 陳オリビア 准教授(責任著者)
米ノースイースタン大学 電気電子情報工学科 Yanzhi Wang 准教授



<取材申し込み先>
大学運営課(広報担当)(E-mail:[email protected]

]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20231124-54231/ Fri, 24 Nov 2023 01:36:40 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54231
]]>
http://www.ciar-france.com/news/all/20231117-54126/ Fri, 17 Nov 2023 01:10:36 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54126
]]>
http://www.ciar-france.com/news/newsrelease/20231114-54088/ Tue, 14 Nov 2023 01:17:21 +0000 http://www.ciar-france.com/?post_type=news&p=54088
]]>